ヤシの木に実がなるす

徒然なく過ぎて行く日々をポケモンとアニメとともに歩む、比較的雑食なオタクブログ。

【シーズン4使用構築】ジャロゴーリ+メガハガネール【最高2045/最終2000】

お久しぶりです。なるすです。
シーズン4お疲れさまでした!

今回はSMシーズン4で使用した構築の紹介になります。

シーズン4は個人的に苦しいシーズンで、シーズン終わり1週間前までで300戦近く対戦して1700帯で停滞してました。色んなポケモン育てて、色んなPT使ってましたが、なかなか勝てませんでした。そこで、以前から使ってみたいと思ってたオニゴーリ入りのPTを使ってみた結果、なんとかレート2000越えを達成することが出来ました。


~構築紹介~
TN:ジンギスマン
最高レート:2045
最高レート

最終レート:2000
最終

2100には届きませんでしたが、最終2000をなんとかキープしました。

使用した構築はジャロゴーリです。
ジャロゴーリ


実は初めて2000越えた時とはメンツが異なるのですが、最高レートを出し、2000帯で戦ったこちらのPTをメインに進めていきます。(変更前のメンツには後程軽く触れます)

~構築経緯~

まずはオニゴーリ入りのPTとして名高いジャロゴーリから構築スタート。次にジャローダが電気タイプや身代わり持ちメガボーマンダと対面した時の引き先となり、ゲンガーやパルシェンに弱くないポケモンとしてメガハガネールを採用しました。ここまででバシャーモが重すぎるので、物理受けとトリックルーム、三日月の舞でサポートもできるクレセリア、ジャローダに麻痺を貰いながらもニトチャでSダウンを無かったことにしてくるリザードンに強いヒードランを採用しました。(クレセドランの並びが美しい) 最後にバシャを起点に舞えるエースとしてメガボーマンダを採用して、PT完成です。

~個別紹介~

ジャロ
・ジャローダ
持ち物:きあいのタスキ
性格:おくびょう
特性:あまのじゃく
実数値:150-×-115-127(252)-116(4)-181(252)
技:リーフストーム/めざめるパワー地面/へびにらみ/ちょうはつ

オニゴーリの起点作り。麻痺を撒いたあとはへびにらみ連打で雑に切ってOK。基本は初手へびにらみですが、初手にくるメガゲンガーやメガボーマンダはほぼ身代わりから入ってくるので、ゲンガーにはリフストで1度身代わり破壊→めざぱで処理、ボーマンダはハガネールに引くことで対処してました。めざぱ地面である理由は前述のようなゲンガーの処理とあと投げされるジバコイル、ヒードランに撃つため、ちょうはつは相手のステロなどを撒かせないために採用しました。ジャロゴーリの選出以外にも終盤のエースとしても選出しました。選出率は1位。

ゴーリ
・オニゴーリ
持ち物:たべのこし
性格:おくびょう
特性:ムラッけ
実数値:177(172)-×-105(36)-101(4)-106(44)-145(252)
技:フリーズドライ/ぜったいれいど/みがわり/まもる

構築の軸。犯罪ポケモンの代表格。ラス1からでも全抜きする可能性を秘めたポケモン。麻痺したポケモンを起点にみがまもをすることで積みエースとなる。ただし相手が素直に起点を作らせてくれることはまれなので、隙あらば後投げしムラッけの施行回数を稼ぐこともしました。オニゴーリで使用する上で大事なのはとにかくムラッけの施行回数を稼ぐことだと実感しました。今回はフリドラ零度での採用でしたが、Aが上がることがデメリットしかないので、フリドラ地震での採用も興味が沸きました。選出率は2位。

メガハガネール

・ハガネール
持ち物:ハガネールナイト
性格:ゆうかん
特性:がんじょう→すなのちから
実数値:182(252)-194(252)-250-×-116(4)-31
技:ジャイロボール/じしん/ロックブラスト/のろい

めちゃくちゃかっこいい。電気無効と鋼の耐性を持ち合わせたポケモン。ジャローダがコケコなどの電気タイプと身代わりメガボーマンダと対面したときの引き先。メガルカリオのインファイトやメガバシャーモのとびひざげりを耐える物理耐久を持つため対面からなら処理が可能。メガ前特性のがんじょうが優秀であり、メガせず攻撃することで倒せるポケモンもいる(リザガモス、きあいボールルカリオ、ゲンガーなど)。技はメインウェポンのジャイロじしん、役割対象に身代わり持ちマンダがいるため、岩技としてロッブラスト、ラストは火力と耐久をあげてマンダの身代わりをロクブラ1発で破壊できるようになるのろいを採用しました。のろいの枠はランド意識のこおりのキバやナットカグヤ意識のほのおのキバでも良いと感じました。選出率は3位。

クレセリア
・クレセリア
持ち物:ゴツゴツメット
性格:ずぶとい
特性:ふゆう
実数値:227(252)-×-189(252)-95-151(4)-105
技:サイコキネシス/つきのひかり/トリックルーム/みかづきのまい

汎用物理受けポケモン。主にバシャーモが役割対象なのでサイキネ+つきのひかりを採用。トリル乱舞によるメガハガネールや削れたオニゴーリの復活を狙います。このポケモンの耐久はやはり素晴らしく、クッションとして雑に投げても仕事をしてくれました。選出率は4位。

ヒードラン
・ヒードラン
持ち物:クサZ
性格:ひかえめ
特性:もらいび
実数値:167(4)-×-127(4)-200(252)-128(12)-127(236)
技:ふんえん/ソーラービーム/げんしのちから/だいちのちから

リザードンを処理する枠。アシレーヌとカプ・レヒレが重く、初手にレヒレがくることが多かったので、それらをぶち抜くZソラビで採用しました。ですが最終日に読まれまくってレヒレアシレが引いていき、1度も決まりませんでした…(Z持ってそうなのがドランしかいないので読まれるのも仕方ないのかも…)。技は追加効果優秀、命中安定のふんえん、Zソラビ、リザXYどちらにも対応できる2種のちからを採用しました。選出率は5位。

20170325210145039.png
・ボーマンダ
持ち物:ボーマンダナイト
性格:しんちょう
特性:いかく→スカイスキン
実数値:191(164)-171(44)-150-×-151(220)-150(76)
技:すてみタックル/りゅうのまい/みがわり/はねやすめ

H:16n-1
A:無振りカプ・テテフがすてみタックルで確定
ダウンロード対策でメガ後B>D
S:準速ミミッキュ抜き抜き

シーズン2のギガドリでも使用した慎重メガボーマンダです。個人的にメガボーマンダはこれが一番扱いやすいと感じてます。2000超えてPTいじってからほとんど選出してないため、変えた方が良い枠だと思いました。選出率6位。


個別紹介はこれで終わりですが、PT変更前のメンツを簡単に紹介します。
ジャローダ(上と同じ)
オニゴーリ(上と同じ)
ボーマンダ(上と同じ)
カバルドン@オボン
型破りドリュウズ@チョッキ
ウルガモス@ノーマルZ
カバドリュ偽装のメリットが感じられなかったのとあまりにもパルシェンバシャーモが重いので変更に至りました。

~キツいポケモン~
・メガギャラドス:舞ったら止められない
・呪いミミッキュ:選出画面で見抜くのが厳しかった
・霊獣ボルトロス:格闘Z持ちが辛い
・身代わりもち特殊ボーマンダ:大文字でハガネールが焼かれる(耐熱ください)
・めざ電気ゲッコウガ:ジャロが一方的にやられる

~基本選出~
・ジャロゴーリ@1
オニゴーリを選出するとき。マンダ入りにはハガネール、バシャーモ入りにはクレセリア。

・ハガネールクレセリア@1
オニゴーリを通すのが難しそうな場合はトリルハガネールを通していく。

基本はこの2パターンでした。

~最後に~
個人的に苦しかったシーズン4でしたがなんとかレート2000を達成することが出来て安心しています。
シーズン5ではバトルのトレンドを大きく左右するボスゴドラナイトが解禁されるのを待ちつつ潜っていこうと思います。

ここまで読んでいただきありがとうございました!なにかあれば僕のTwitter@zaporte_proまでお願いいたします。

それでは、長文失礼致します。

【シーズン2使用構築】未熟ギガDREAMER【最高/最終2006】

(7世代に変わったので)初投稿です。

なるすと申します。
2月中旬にやっとサンムーンを買いましたので、シーズン2からレートに潜り始めました。
7世代でも色々なPTで高みを目指すという目標は変えずに精進していきます。
今後ともよろしくお願いいたします。

今回はタイトル通り、シーズン2で使用したPTを紹介します。
長くなりますが、何卒よろしくお願いいたします。

~使用構築~
構築名: 未熟(ギガ)DREAMER
TN:ジンギスマン
マッチングした方はありがとうございました。


使用したPTは所謂ギガドリです。
構築名は好きな曲を改変(限界オタク)
最高/最終レートは共に2006。

インフレしたシーズンの中では奮わない結果ですが、自分にとっては初シーズンでしたので満足してます。

~個別紹介~


・ギガイアス
持ち物:さらさらいわ
性格:しんちょう
特性:すなおこし
実数値:191(244)-150-169(148)-×-126(116)-45
技:がんせきふうじ/ステルスロック/じゅうりょく/だいばくはつ

H:16n-1
HB:A189バシャーモの飛び膝蹴りが~194
HD:C211メガリザードンYのソーラービームを確定耐え
砂嵐下でC200カプ・テテフの サイコフィールドサイコキネシスが~94(2耐え)

PTの要となる7世代からのすなおこし要員。
4倍弱点が無い、重力、大爆発などバンギラスやカバルドンとは違った特徴を持つポケモン。
技は起点作りの基本のステロ、ギガイアスならではの重力、大爆発、「比較的」命中安定で追加効果の優秀な岩石封じを採用。
ステロと重力をどちらも展開できることは希なのでどちらを打つかを考えることが必要でした。
自分は基本はステロ、相手にテッカグヤがいるときやゲンガーを通していきたいときは重力を選択していました。
また、初手でバシャーモが来た際はいきなり大爆発してました。(他にも初手大爆発した試合もありました)
選出率は1位。ほとんどの試合でギガドリを選出してました。


・ドリュウズ
持ち物:ジメンZ
性格:いじっぱり
特性:すなかき
実数値:185-205(252)-81(4)-×-85-140(252)
技:じしん/アイアンヘッド/いわなだれ/つるぎのまい

言わずと知れた砂パのエース。
ASぶっぱ、技構成もドリュウズのテンプレです。
持ち物は襷などと迷いましたが、重力下でHBテッカグヤの1発で落とせる火力が出て、舞ったあとでは超火力を出せるジメンZを採用。ステロ+Z地震で無振りガブリアスが、ステロ+A2↑Z地震でHB特化輝石ポリゴン2が落とせます。
選出率はギガイアスとセットで出すので、同率1位。


・ボーマンダ
持ち物:ボーマンダナイト
性格:しんちょう
特性:いかく→スカイスキン
実数値:191(164)-171(44)-150-×-151(220)-150(76)
技:すてみタックル/りゅうのまい/みがわり/はねやすめ

H:16n-1
A:無振りカプ・テテフがすてみタックルで確定
ダウンロード対策でメガ後B>D
S:準速ミミッキュ抜き抜き

バンドリマンダという並びに倣って、ギガドリマンダの並びにしました。バシャーモに強く、舞ったあとの抜き性能が優秀。
技構成は攻撃技のすてみタックル、積み技の龍舞、場持ちをよくする羽休め、有利対面や様子見やZ技透かしで有効な身代わりを採用。身代わりの枠は地震でも良さげでした。
初めて耐久に厚いボーマンダを使いましたが、めざ氷程度ならば回復が間に合い、積み起点にできる等使用感はめちゃんこ良かったです。
選出率は3位。裏選出としても活躍してくれました。


・ウルガモス
持ち物:エスパーZorヒコウZ
性格:ひかえめ
特性:ほのおのからだ
実数値:161(4)-×-85-205(252)-12
5-152(252)
技:だいもんじ/めざめるパワー氷/ちょうのまい/サイコキネシスorぼうふう

4匹目はウルガモス。ウルガマンダという並びを作れます。
なにも考えずにCSぶっぱです。
めざパはランドロスやガブリアスを意識した氷、サブウェポンはバシャーモやドヒドイデを意識したサイコキネシスorバシャーモや瞬発火力の高さを重視したぼうふうを採用。炎技として大文字を採用してますが、外したり、技が当たらなかったり、相手に避けられることが目立つので炎の舞か火炎放射にした方が絶対良かったです。
選出率は6位、全く選出しませんでしたので、他のポケモンでもいいかもしれません。


・ゲンガー
持ち物:ゲンガナイト
性格:おくびょう
特性:のろわれボディ→かげふみ
実数値:135-×-91(4)-222(252)-115-200(252)
技:さいみんじゅつ/たたりめ/ヘドロばくだん/みがわり

2匹目のメガ枠として、ギガイアスの重力の恩恵を受ける催眠祟り目メガゲンガーを採用。技構成も特に目立ったものはありません。
非重力下でどのタイミングで催眠術を打つべきなのかがよく分からないなど、上手く扱えない場面が多かったです。しかし、重力催眠術は確かに強力でした。
選出率は4位。


・カプ・レヒレ
持ち物:たべのこし
性格:すぶとい
特性:ミストメイカー
実数値:177(252)-×-162(100)-115-155-125(156)
技:なみのり/ムーンフォース/しぜんのいかり/ちょうはつ

H:ぶっぱ
S:最速テッカグヤ抜き
B:余り

最後は、ギガドリで重くなるバシャーモにつよい、カプ・レヒレを採用。持ち物は場持ちをよくするたべのこし、技は安定した火力の波乗り、ムンフォ、性能優秀な自然のいかり、テッカグヤなどの補助技を許さないちょうはつを採用。フィールドにより耐久ポケモンの弱点である状態異常にならなかったり、受けループにも挑発怒りで戦えるのが偉い。
選出率は5位。

~選出パターン~
基本は
・ギガドリ+マンダorゲンガー
8割はギガドリ選出してました。
ジャローダがいるときは、初手にゲンガーorマンダを投げます。

vs 受けループ
・ギガドリ+レヒレ
受けループはキツいので無理矢理ギガドリを投げます。エアームドかグライオンに重力Z地震を決めれると有利になれます。

選出はほぼこの2パターンしかしてません。

~キっツい相手~
・フェローチェ
無理です。レヒレ以外は受けれません。なんとかSブーストをかけさせないでドリュウズと対面させないといけませんが、そんなことは出来ませんでした。

・襷マンムー
ステロ撒けずにギガイアスが落とされた後に出てくるとかなり辛い。

・霊獣ランドロス
威嚇+浮いてる+ドリュで弱点つけないでかなり辛い。一応、アイへで怯ませる運ゲーか無理矢理マンダの起点に出きる。

この3体が特に辛かった印象です。

~まとめ~
初めて砂パを使いましたが、使いやすく楽しいPTでした。カバドリやバンドリも使ってみたいですね。
シーズン3はどんなPTを使うかまだ検討中です。

最後になりますが、シーズン2お疲れ様でした。なにかあれば、なるす(@zaporte_pro)までお願いします。

ここまで読んでいただき、ありがとうございました!長文失礼致しました。

【S17使用構築】フルアタメガボスゴドラ軸【最高2014】

お久しぶりです。なるすです。
約10か月ぶりの更新となります。

今回はORAS最終シーズンに使用した構築の紹介です。

201609132100556bd.jpg
201609132106185af.jpg
(2000到達時)

結果は最高2014 最終お察し という振るわない結果になってしまいましたが、使っていて楽しめたのと最終シーズン終了記念として記事にしました。

PT作成の経緯としては、メガボスゴドラという最高にかっこいいポケモンを活躍させたいと思ったのがきっかけです。メガボスゴドラといえば電磁波ステロの型がメジャー?かと思われます。ですが、今回は起点作りではなく、B230+特性フィルターという圧倒的な物理耐久とA140から繰り出せる豊富な技を活かして、「相手の物理ポケモンに殴り勝つ」ことを役割とした、フルアタメガボスゴドラを採用しました。そしてボスゴドラでは厳しい特殊アタッカーや高耐久ポケモンの対策を残り5体で埋めていきPT完成に至りました。

~個別解説~

306-m.png

・ボスゴドラ@ボスゴドラナイト

性格:腕白
特性:頑丈→フィルター
努力値:H236 A212 B60
技:ヘビーボンバー/岩石封じ/けたぐり/冷凍パンチ

PTの主役であり、エース。
ガブリアス、ガルーラ、クチート等の物理ポケモンを処理する役割を持つ。
メガガルーラのグロウ地震やA182ガブの地震+サメ肌2回を耐えるという素晴らしい耐久をしているので、対面ならほぼ負けません。メガルカリオやメガヘラクロスのインファも余裕をもって耐えます。使っていて何度もその物理耐久に驚かされました。
PTに積み技を持っているだろうオノノクス、マリルリ、ウルガモスがいるため、起点作りと勘違いしてくれてよく挑発をうたれました。そのポケモンをそのまま突破できた時は爽快でした。
メガ前の特性は頑丈一択です。リザY対面でメガなし岩石封じで処理出来たり、vsオニゴーリの時に零度に怯えることなく戦えます。
技構成は、ガルーラ、バンギラス、マンムー等に撃つけたぐり、ガブリアス、ボーマンダ、ランドロスに撃つ冷凍パンチ、フェアリーに抜群がとれ強力なメインウェポンになるヘビーボンバー、ファイアロー、リザードンに撃つ岩石封じを採用。
ガルーラスタンやマンダ、クチートを見たら選出するため、選出率は一番高いです。

612.png

・オノノクス@こだわりスカーフ

性格:いじっぱり
特性:型破り
努力値:AS252 B4
技:逆鱗/地震/岩雪崩/ハサミギロチン

型破り地震でゲンガーを上からワンパンでき、ミトムヒトムにも地震が通り、一貫する逆鱗を打つことができるドラゴンとして採用。
スカーフはあまり読まれず、奇襲性が高かったです。技構成は逆鱗地震は確定、無効タイプのない岩技の岩雪崩(なんでエッジ覚えないのこのポケモン)、あらゆる面でワンチャン狙えるハサミギロチンを採用。
ゲンガーやロトム、逆鱗に一貫があるPTに選出してました。

184.png

・マリルリ@オボン

性格:いじっぱり
特性:ちからもち
努力値:H228 A236 B4 D12 S28
技:じゃれつく/アクアジェット/はたきおとす/はらだいこ

主にバシャーモや、悪炎格闘に強いポケモンとして採用。
はらだいこが単純につよかったです。滝登りを切ってはたきおとすにしてますが、使用感はとてもよかったです。
バシャ入り以外にはあまり選出しませんでした。

591.png

・モロバレル@ゴツメ

性格:図太い
特性:再生力
努力値:H236 B204 D68
技:キノコの胞子/ギガドレイン/クリアスモッグ/イカサマ

スイクン、ガッサ、ジャロに強いゴツメ。後続の積みポケの起点作りも狙えます(最速起きは云々)
ガッサがいたら選出しましたが、めちゃくちゃ釣り交換されるので辛かったです。
ゲッコウガの冷ビ耐えまでDに割いてます。催眠耐性が薄いPTへの刺さりは素晴らしかったです。

479-h.png

・ヒートロトム@こだわりメガネ

性格:控えめ
特性:ふゆう
努力値:H236 B4 C196 D12 S60
技:オーバーヒート/10万ボルト/ボルトチェンジ/トリック

ナットレイ、ハッサム、電気タイプに強いポケモンとして採用。
ボスゴドラとの相性がよく、ボスゴドラが苦手なポケモンに強めで、ロトムが苦手なガブリアスなどにはボスゴドラが強く出れるので、セットで選出していました。持ち物はおそらくチョッキの方が使い勝手がいいのですが、個体がおらずメガネで使用しました。メガネの火力に助けられた場面も多かったので、間違いではなかったと思います。選出率はかなり高いです。

637.png

・ウルガモス@きあいのタスキ

性格:控えめ
特性:炎の体
努力値:CS252 D4
技:蝶の舞/虫のさざめき/大文字/目覚めるパワー地面

クレセドランに強い積みアタッカー。
めざ地はヒードランにはもちろん、シャンデラやバシャーモにも打点となり便利でした。
持ち物はラムのみと迷いましたが、タスキが生きる場面が多かったためタスキにしてます。
(ヘラ)クレセドランに選出するくらいで、選出率は低いです。一番パッとしない枠でした。

~基本選出~

306-m1.png479h1.png
ボスゴドラロトム@1

vs厨パには@1に6121.pngを選出してました。

~つらいポケモン~

・受けループ:オノノクスがギロチンをどれだけあてるかのゲーム。
・ゲッコウガ:物理型ならボスゴドラでたおせる。メガネ持ちが一番辛い。
・フシギバナ:受けループにも入っていて、まともに相手ができるポケモンがいない。


~最後に~

ついに第六世代レートが終了しましたね。当たり前に続いてたものがいざ無くなると寂しいものです。
個人的にはとても楽しい世代でした。ただ最終日に溶かしてしまう自分を克服できなかったのがすこし心残りです。
第七世代では絶対克服したいです。

最後になりますが、みなさん第六世代レートお疲れ様でした!!
そして対戦してくださった方、ありがとうございました!!

何かあれば僕のTwitter(@zaporte_pro)までお願いします。

ではまたいつかお会いしましょう!(^^)/




【S12使用構築】 ヘラクレセボルト 【最高2030】

どうも、なるすです。
みなさん、S12お疲れ様でした。


S8以来のレート2000達成をすることが出来たので、今回はその使用構築の紹介です。
IMG_20151117_170738.jpg
(ここから1勝で最高2030、あとはお察し)

s12.png

【S8使用構築】カバリザゲッコウガ【最高2118】

どうも、なるすです。
皆様シーズン8お疲れさまでした。


今回はシーズン8で使用したPTの紹介です。



※画像は2100到達時のものです。

最高レートは2118です。目標の2100を達成することが出来ました。レートインフレの中での2100ですが、目標達成出来たので良かったです。

前から使ってみたかったカバリザから構築スタート。リザードンはXかYか悩みましたが、瞬発火力の高さに惹かれメガリザードンYでの使用を決めました。
次にカバリザでは厳しい高火力ドラゴン、ゲンガーに強く、技範囲の広いゲッコウガを採用しました。ここまで厳しいマリルリ、キノガッサ、またドラゴンとフェアリーの一貫性を切るためにナットレイを採用。そしてクレセドランや耐久ポケモンに強く、ナットレイとの相性の良いスイクンを採用。最後にもう一体のメガ枠であり、強力な物理アタッカーでもあるガルーラを採用しました。

【個別解説】



・カバルドン@ゴツゴツメット

特性:すなおこし
性格:腕白
努力値:HB252 D4
技:地震/岩石封じ/欠伸/怠ける

ゴツメカバルドン。物理受け、特にメガガルーラ、バシャーモ受けとして使用します。メガガルーラにはグロウ冷凍パンチで処理されてしまうこともありました。岩石封じの枠は氷の牙と悩みましたが、増えていたリザードンやウルガモスへの打点や、Sを下げてリザードンで責めるという形がとれるため、岩石封じを採用しました。



・リザードン@リザードナイトY

特性:サンパワー→ひでり
性格:臆病
努力値:CS252 D4
技:オーバーヒート/火炎放射/ソーラービーム/きあいだま

一般的なメガリザードンY。初めて使いましたが、やはり火力は素晴らしかったです。ポリ2、クレセリアの後出しは効きません。技構成もこれで困りませんでした。きあいだま余り外さなかったので偉い子です。



・ゲッコウガ@いのちのたま

特性:へんげんじざい
性格:臆病
努力値:H12 CS248
技:水手裏剣/悪の波動/冷凍ビーム/めざめるパワー炎

めざ炎ゲッコウガ。選出率No.1です。めざ炎を採用した理由は、リザードンを選出しない場合にナットレイ、ハッサムがとても重くなってしまうためです。これによりお相手のPTにナットレイやハッサムがいても選出の幅が広がります。ほとんど読まれなかったため、多くのナットレイやハッサムを焼くことが出来ました。またリザードンのひでりとの相性が良いのもGood。

ここで、めざ炎のダメ計をちょこっと載せておきます。
H252 D108振りまでのナットレイが確定1発
H252振りのメガハッサムが確定1発
H4振りメガルカリオが確定1発
H252振りメガクチートに76.4~91.1% (ひでりで確定1発)

他の技についてですが、悪の波動、冷凍ビームは確定で、水手裏剣はウルガモスやファイアローをステロ+水手裏剣×3で倒せたり、氷タイプの時に出てきたハッサムに打ち、バレパンを半減に抑え、次のめざ炎で倒すために採用しました。性格は臆病ですが、ステロ込みウルガモスに対してはA無補正の性格でも3発必要なので問題ないと感じました。



・ナットレイ@たべのこし

特性:てつのとげ
性格:呑気
努力値:H252 B148 D108
技:パワーウィップ/ジャイロボール/宿り木の種/ステルスロック

残飯ナットレイ。努力値配分はタブンネ様のブログの調整をお借りしました。上記で書いた役割の他に、きあいだまを持っていないボルトロスの相手もしてもらいました。役割遂行のため、パワーウィップ、ジャイロボールを、相手をリザードンやゲッコウガの技圏内に入れやすくするために宿り木の種とステルスロックを採用しました。



・スイクン@カゴのみ

特性:プレッシャー
性格:図太い
努力値:H252 B196 S60
技:熱湯/ミラーコート/瞑想/眠る

ねむカゴスイクン。努力値配分はよくあるやつです。特殊相手を無理やり飛ばせるかなと思いミラーコートを採用しました。全く選出しなかったので余り言うことは無いです…



・ガルーラ@ガルーラナイト

特性:きもったま→おやこあい
性格:意地っ張り
努力値:H180 A212 S116
技:グロウパンチ/捨て身タックル/不意打ち/冷凍パンチ

203ガルーラです。カブリアス、ランドロス、カバルドン辺りに打てる冷凍パンチを採用していますが、あまり打たなかったので地震とかに変えた方が良いかもしれません。選出率は低めですが、選出時にはよく活躍してくれたので、メガガルーラの強さを改めて感じました。

【最後に】
基本選出は

or

カバリザ+ゲッコウガorナット
↑カバリザの選出です。

ナットカバゲッコウガ
↑ステロ+ゲッコウガの選出です。ナットカバで削り、ゲッコウガでとどめを狙っていきます。

初めてのカバリザでしたが、2100達成出来て良かったです。終盤はかなり溶かしてしまいましたが…

もうすでにシーズン9が始まっていますが、2100目指して頑張ります。

ここまで読んで下さり、ありがとうございました。
何かあれば、コメントか僕のTwitter(@zaporte_pro)の方までお願いいたします。

長文失礼しました。
それでは!

千客万来!!
ひとりでも多くの人との
出会いを大切に…

このブログの来場者は
貴殿で人目ですよ。

ゆっくりしていってね!!
管理画面
TOPPAGE
ザポルトプロについて

ザポルトプロ

Author:ザポルトプロ
2013年夏に深夜のノリだけでブログを立ち上げ現在に至る、そんなメンツの紹介。

なるす
なるす
twitter;@zaporte_pro
最高レート XY:2097
ORAS:2118
ポケモンとかラブライブとかが好きなオタク。
声優ガチ恋大元帥。

やっし→
新規アイコン5透明mini
twitter;@toLO668
最近生きがいをみつけました。
絵の練習をたまにします。

そんな『ヤシの木に実がなるす』も4周年を迎えました。
更新頻度がガバガバですがなんとか続いてます。


2017年も、当ブログを暇潰しにご利用ください。

過去のトップ絵アルバム
毎回適当に凝ってきたブログのタイトル絵をまとめたアルバムでも晒します。 こちらから
とらっくばっく
ブロとも申請フォーム