ヤシの木に実がなるす

徒然なく過ぎて行く日々をポケモンとアニメとともに歩む、比較的雑食なオタクブログ。

ポケモンサン プレイ日記2日目

いろいろと忙しく更新が遅くなりました。
まったくもってYESプリキュア5は罪作りですね、こんな歳になってもハマります。
前回からの続きで、前回同様ネタバレは気にしないので留意してネ。
今後は1日目ほど細かく書かずにさらっと簡単にまとめていきます。

ポケモン新作をエンジョイしている後輩がおりまして、彼と話しているととてもモチベーションがあがるんですよ。
これっていいことですね、早く進めなくては。

モクロー
byやっし→



というわけで前回のあらすじ。
「モクちゃんを迎えてライバルを撃墜した」段階です。


ポケモンサン11
お手入れモクちゃん。


とりあえず草むらに入ってポケモンを捕まえるレクチャーを受けたあとはレベル上げ。
なかなかかっこよい野生戦闘BGMに酔いしれながらひたすらポケモンを出会い頭に沈めていきます。
キツツキみたいなやつとお馴染みのレディバばかり出てきて草ポケには少々厳しいところ。
あまり苦戦をしたくないので何も考えずにいつもどおりレベルを多めに上げます。

途中でヤングースとかいうSに努力値割いてなさそうなザングースのような名前のポケモンに遭遇しました。
さらに最初のトレーナー戦で見たことのない見た目のコラッタに遭遇。これがリージョンフォーム(注1)か・・・。
というかトレーナー戦BGM中盤の伴奏がカッコよすぎませんかね。
トレーナーに接近すると画面にエフェクトがかかって緊迫感が増しますね。


アゴジムシ
なんとなくこんなやつ捕まえてみました。序盤の昆虫枠みたいですね。

祭りとやらの会場に来てみると突如「ゼンリョク祭りは戦うよ」という流れに。
そんなこと言ってたかなぁ・・・相手がハウくんならまぁいけるでしょうと参加。

ポケモンサン12
いいこというじゃねぇか・・・。

あっさりボコしてハラさんからZリングなるものを入手。
そしてゲームの舞台となる4つのしまについて聞かされます。
新作のゲームを始めたばかりのワクワク感、たまりませんね。

リージョンフォームを見たのにうちのニャースは一向に変わらない・・・。
とまぁ帰宅したあとのリーリエちゃんが迎えに来る胸熱なイベントと同時にようやくお小遣い入手。



!?




ポケモンサン13
なんなんだこの額は・・・。
言うて肌が焼けてるトレーナー3人倒した程度なのにすでに3万を超えていますね。
高校の頃のお年玉の10倍ですよこれ。
えも言われぬ敗北感を味わいました。どうなんですかね、甘やかしすぎとちゃいます?


研究所へ行く途中、ケンタロスに道を塞がれて都市部に行くことができません。ケンタロスがいた事に安心を覚えました。
というか家のすぐ南に道があるなんて初見でわかりますかね。わからなくてリーリエちゃんに2度呼び止められました。
リーリエちゃんと一緒にいるほしぐもちゃんというポケモンはコスモッグとかいう種族名らしいです。なんかすっごい重要そう。



ポケモンサン14
ポケモンサン15
斬新すぎるテクノロジー。
しかもこいつ図鑑に入ってから普通にしゃべります。ポケモンとしてのロトムは?ミトムは?
でもこの話しかけてくれる感じが可愛いんだよね。

シナリオ上の目的は島巡りをしてそれぞれで頂点に立つ感じらしいです。ジム制度が消えたとか聞いてましたがマジみたいですね。
トレーナーズスクールという面倒なイベントは残っているようです。ちまちま進めていきましょう。


ポケモンサン16
あらかわいい、普通に欲しいかも。



ポケモンサン17
露骨に漂ってくる「ロトムを突っ込んでね!」という開発者の意図。

初ポケモンセンターなわけですが、ついにポケモンを管理するPCがノート型に!
長寿アニメが携帯からスマホに移り変わるようなものと同様に考えたら遅いのでは?
トレーナーズスクールで学習装置をゲット、これでつくだにも成長します。
恒例のせんせいのツメ入手イベントも確認、わかってるね。
4人の生徒をひねりつぶせばミッションクリアのようなので早速片付けに行きましょう。

倒したところで技マシン1「ふるいたてる」を入手。
もはや「つめとぎ」どころか「きあいパンチ」ですらないんですね・・・。

トレーナーズスクールのイベントをおえ、リーリエちゃんとハウオリシティを観光。
夜中にやっていたのでビーチでひなたぼっこしているひとの違和感が凄まじいことになっています。
やっぱり昼にやりたい(注2)ですね、というわけで目が持たないので今日はこのへんで。

いまいち進んでないですが、次こそちゃんと進めます。
駆け出しのところすぎてなんも言えないのが現状ですし。
ではまたの機会に。

語注
注1・・・リージョンフォーム
ポケモンSMの新要素にして古参の意見を盛大に別れさせそうな要素のことである。
1世代に属するポケモンの一部がアローラのすがたという変わった見た目を持っており、見た目に準じて特性やタイプ、果てに種族値まで変わっているようである。このような別の姿をリージョンフォームと呼ぶようだ。
現在の進行段階ではコラッタ、ニャース、ベトベターのリージョンフォームを確認。
ちなみに筆者は何度も間違えているが、リージョンフォルムではない。

注2・・・昼にやりたい
夜しか時間の取れない人間のために、ポケモンもドラクエと同じような昼夜操作システムを取り入れるべきではないだろうか。
12/1追記:ムーンはどうやら昼夜が逆転している模様…本当か?
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

千客万来!!
ひとりでも多くの人との
出会いを大切に…

このブログの来場者は
貴殿で人目ですよ。

ゆっくりしていってね!!
管理画面
TOPPAGE
ザポルトプロについて

ザポルトプロ

Author:ザポルトプロ
2013年夏に深夜のノリだけでブログを立ち上げ現在に至る、そんなメンツの紹介。

なるす
なるす
twitter;@zaporte_pro
最高レート XY:2097
ORAS:2118
ポケモンとかラブライブとかが好きなオタク。
声優ガチ恋大元帥。

やっし→
新規アイコン5透明mini
twitter;@toLO668
最近生きがいをみつけました。
絵の練習をたまにします。

そんな『ヤシの木に実がなるす』も4周年を迎えました。
更新頻度がガバガバですがなんとか続いてます。


2017年も、当ブログを暇潰しにご利用ください。

過去のトップ絵アルバム
毎回適当に凝ってきたブログのタイトル絵をまとめたアルバムでも晒します。 こちらから
とらっくばっく
ブロとも申請フォーム