ヤシの木に実がなるす

徒然なく過ぎて行く日々をポケモンとアニメとともに歩む、比較的雑食なオタクブログ。

石川旅行の巻 1日目

どうも、やっし→です。
2月はあんまり更新できませんでしたが、ポケモンの方は公式大会にエントリーしたりして一応そこそこやってます。

え~今回は石川県の方に初めて行く機会ができたので、その紀行録でも綴ろうかと思いました。
傷心旅行みたいな感じになってますが普通に楽しんでます。


DSC_2036.jpg
実に風流ですね。
加賀温泉編

本日は友人の家に泊まっていたところからスタート。
大好物であるカレーを食べに来ていた関係で大阪に来ており、そこから簡単に準備して出発。

京都に居を構えている関係で京都駅から出発しました。
京都駅は本当に番線が多すぎるね。しかも0番ホームってなんだよ、後付け感満載じゃないかという。


DSC_2009.jpg
0番線ホーム。
ちなみに34番ホームまで京都駅には存在するが、実際は19つほどしかない。
この理由は山陰線のさん→30番台という発想であるとのことである。

京都駅をバスターミナルから見てすぐ目に付く開放感のすごいホームですね。
ここから特急サンダーバードにのって石川県を目指します。
途中でアンパンをやたら鳩が欲しがってきました。あげません。

筆者の石川県のイメージは『花咲くいろは』のロケ地と前田家加賀百万石の2つでしたが、特に今回の旅は温泉地に立ち寄るためアニメの聖地巡りの側面が強いかもしれません。
あの喜翆荘がある石川県です。もっとも喜翆荘のモデルの建物自体はすでにありませんが。

サンダーバードで湖西線を通って北上すること1時間50分、加賀温泉駅に到着しました。
ここは小さな駅ではありますが、出てすぐ大きな平和堂が見えたり、ホームから謎の巨大像が見えたりとなかなか異色。
宿を予約していたため、なんとかして宿へと向かいます。


DSC_2010.jpg
DSC_2011.jpg
巨大な像色合い的にも自己主張が激しすぎること極まりない。
これは店員曰くバブル期に建設されたホテルの一部である模様。
現在では廃墟同然ですが、もちろん取り壊しにも多大な金額が必要なため放置されており、良くも悪くも目立つポイントとなっているようです。

歩くこと数十分。
あたりは北海道で言う温根湯のような温泉街へと早変わりし、黒い交通標識や古めかしい建物など、その独特の雰囲気を楽しませてくれます。
ここに至るまでに見てきた景色は見渡す限りの田畑でありました。加賀百万石というものの実際は三家しかいなかったようで、そのため領土がほぼ田んぼであったのも頷けます。
建物があれど、温泉街に至るまでに見かけたものは全て高さが低く、視界の奥には必ず幾多もの高い山が広々と連なっておりとても美しい光景であります。
どちらかというと田舎に分類できる場所であり、北海道の田舎と似た温かみを感じました。


筆者としてはとにかく関西弁を聞かなくて済むということが嬉しいわけであります。
しかし後述のバーで聞いた話では、出稼ぎの人間に影響されて福井県と石川県と富山県ではかなり話し言葉に差が出てしまうとか。
なかでも石川は大阪と京都から出稼ぎが多かったようで関西訛りが見られるらしいです。
京都の料理人が小京都である石川で修行をするという話もある模様。


DSC_2012.jpg
室内の雰囲気がとても良いですね。
全館土足ではないため歩きやすさも格別でした。

というわけで部屋について荷物を下ろして、さっそくもてなしを受けました。


DSC_2013.jpg
DSC_2014.jpg
もてなしの和菓子と抹茶。
本格的な二品であるらしく、ただならぬあじわい。
甘いものを先に食べてから抹茶をいただくのが礼儀らしく、そこは従わせていただきました。
お土産でも買ってこればよかったな……。


ここはとにかく料理がいいというわけで選んだわけですが、出てくるものの味はもちろん容器までこだわりが見られました。
九谷焼と呼ばれる石川の陶器であるらしく、とても綺麗な青色をしています。

あと魚のシラコを食べました。これ美味しかったんですが部位を聞いて驚き!なんと魚の精巣なんですね。
なにより「シラコ私大好きなんですよ!」ってニコニコしながら言ってたおかみさんがじわじわきました。
料理は前評通りの絶品でした。ごちそうさまでした!


DSC_2023.jpg
日本酒の器であるが九谷焼である。
内側の模様も当然綺麗であるが、外側の青色がなんとも美しい。


おかみさんに外の渡り廊下を使ってバーにいくといいと言われて来てみました。
ロックにチェイサー追加といったかっこいい感じ(注1)で注文、サービスのピスタチオが美味しかったです。
このバーも基本キャンドルの薄明かりくらいしかなく、そこに至るまでの道から雰囲気を醸し出しております。
こんなバーに通ってずっと飲んでいたいですね。


DSC_2032.jpg
夜だからこそ映えるバーへの連絡通路。

DSC_2033.jpg
ウイスキーのロック(注2)
なんともおしゃれである。

DSC_2034.jpg
バー周りも実に風情がある。


簡単にですが1日目はこれで終わりです。
まだ来たばかりですから今後が楽しみですね。
明日は金沢に足を運んでみようと思います。


おまけ

バーで聞いた話なんですが、石川には石川ナンバーと金沢ナンバーの車が見られます。
なんの違いがあるの?と思いましたが、これはどうやら金沢市の飛びぬけた人口に由来するようです。
金沢市は70万ほどいるらしいですがそれ以外の都市は多くても7万人と人口差が歴然としているのだとか。
だからナンバーも分かれてしまうのだそうです。




語注
注1…かっこいい感じ
チェイサーとはロックに対する追加の水のことであり、レーシングで追跡する者(CHASER)のごとく水とロックのウイスキーの競り合いを意識した語源がある。
すごいかっこいい感じがするがバーでは常識であるとのこと。読者諸賢も覚えて帰ろう。

注2…ロック
水割りとは違い、氷しか入っていないウイスキー。
もちろん氷なので時間をかけて飲むと水割りになってしまう。







関連記事
[ 2017/02/22 23:23 ] 暇潰し駄弁り 紀行録 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

千客万来!!
ひとりでも多くの人との
出会いを大切に…

このブログの来場者は
貴殿で人目ですよ。

ゆっくりしていってね!!
管理画面
TOPPAGE
ザポルトプロについて

ザポルトプロ

Author:ザポルトプロ
2013年夏に深夜のノリだけでブログを立ち上げ現在に至る、そんなメンツの紹介。

なるす
なるす
twitter;@zaporte_pro
最高レート XY:2097
ORAS:2118
ポケモンとかラブライブとかが好きなオタク。
声優ガチ恋大元帥。

やっし→
新規アイコン5透明mini
twitter;@toLO668
最近生きがいをみつけました。
絵の練習をたまにします。

そんな『ヤシの木に実がなるす』も4周年を迎えました。
更新頻度がガバガバですがなんとか続いてます。


2017年も、当ブログを暇潰しにご利用ください。

過去のトップ絵アルバム
毎回適当に凝ってきたブログのタイトル絵をまとめたアルバムでも晒します。 こちらから
とらっくばっく
ブロとも申請フォーム