ヤシの木に実がなるす

徒然なく過ぎて行く日々をポケモンとアニメとともに歩む、比較的雑食なオタクブログ。

石川旅行の巻 5日目

どうも、やっし→です。
未解禁メガストーンを公式があいことばで配布するとかなんとか言ってますが、ネット環境において格差が出るようなことは極力少ないほうがいいと思うのは筆者だけですかね。
石川旅行もいよいよ最終日というわけで今回は世界遺産である白川郷に行ってきましたので、そのルポをします。


20140620220326e45.jpg
みぃ! 
白川郷はボクたちの住む雛見沢村の元ネタなのですよ~!

白川郷編

金沢駅の2番ホームに高速バスが通っており、そこから白川郷行きに乗車、1時間50分で現地に到着しました。
白川郷といえばなぜか雪に包まれた幻想的な光景を思い浮かべるので今回は時期的にもぴったりでした。
しかし具体的に何を見るか決めていなかった(というか筆者はただ歴史のある木造建築(注1)が並んでるだけだと思っていました)ため、その場でもらった地図を見ながら順路を決めていくことにしました。
ひとまず天守閣展望台というところが山の上にあるのでそこまで歩いていこうと考えたのですが、歩道がほとんどなく車が2台通るのがギリギリの狭さでかつ積雪による歩きにくさもあったため、展望台まで出ているシャトルバスを使うことにしたのです。
シャトルバス自体は片道200円。こんなところにすら小銭を求めてくるあたりが世界遺産たる所以なのでしょうか。

DSC_2187.jpg
天守閣展望台から一望できる景色。
実はこの付近に『ひぐらしのなく頃に』アニメ1期暇潰し編で赤坂と梨花が会話するシーンの場所があります。

何を隠そうこの白川郷は『ひぐらしのなく頃に』の舞台となっているのです。
話自体は面白いから良いのですが、あのような血で血を洗うような残虐なシーンが溢れた作品の元ネタをここにしちゃうのはされた側もちょっと……。
でも個人的にはひぐらしは大好きなので嬉しいです。

ですが季節は
雛見沢村の各所を周ろうにもあまりの積雪の多さに行ける範囲がかなり狭まっており、設定した滞在時間を2時間ほどにしたこともあって見て回るのは難しいと判断しました。
とりあえずお土産屋さんと展望台と有料で見学できる合掌造りの屋敷を見たら帰るということに。

DSC_2192.jpg
見学できるお寺を裏から見た光景。
相変わらず大きな屋根です。
見た家はすべて仏間にデフォルメされた人が両手を合わせて頭を下げている木の板に「すまん」と書かれたものが置かれているのが印象的でした。もちろんこのお寺にも。
飛騨の風習か何かかな?

DSC_2189.jpg
用水路をメインに撮った街並み。
気温がとても暖かく雪解けが進んでいるためか用水路を流れる水の勢いが強かったです。
それにしても水が綺麗で透き通っているのですが、ところどころ投棄されたゴミが散見されて少し嫌な気分になりました。
中国人かマナーの悪い日本人かわかりませんが良くないですね。
最低限のマナーは守るべきです。ここは世界遺産ですから。
ゴミの写真は自演とか言われたら嫌なので撮影しませんでした。

中国人といえば、行きのバスの時点で四方をアジア系の外国人(注2)に囲まれていました。
現地についてからもよく見なくてもわかる中国人の多さたるや。
どうやら中国人は雪を見たことがないらしく、大量に積もった雪をすくい上げてかけあって喜んでいました
それもガキではなくいい年こいたおばさんたちがであります。すごい光景でした。
とりあえず人が通る方向に雪をぶっかけるのはやめようね。

お土産屋さんでさるぼぼというご当地グッズを発見。
猿の子供からさるぼぼと名付けられたそうで、は病気が去るのような縁起のいいシャレから来ているみたいです。
筆者が好きな緑色(健康祈願)のさるぼぼを購入しました。
お土産屋さんをじっくり見ているとワルボボなるサングラスをつけた亜種まで発見。
しかしそのワルボボの黒と赤の二色のうち赤がどうみてもスパイダーマッ!って感じのデザインで気になりました。
中国にパクられまくるからって自分たちはやっちゃダメですよ。
ほかにもショボーンのAAにしか見えないさるぼぼ(顔つき)もありましたが、ここでは省略。


とまぁ、こんなところっで白川郷は終了です。
冬の白川郷こそ実に幻想的で美しいのですが、ひぐらしのロケ地巡りも兼ねて秋にでももう一度来てみたいですね。
というか今度はしっかり時間をとってリベンジしたいと思います。
祭具殿のもととなった白川八幡神社などちゃんと見るところがあるので……。

それにしても白川郷はかわいそうな場所だと筆者は思います。
未だに住民は住んでいるのに世界遺産登録されて毎日のようにマナーが最底辺の中華民族や日本の若者が押し寄せる生活。
気の休まる日なんて果たしてあるのでしょうか。
筆者はできる限りのマナーはきちんと守ってきたので、ほかの観光客もせめてそうして欲しい限りです。


おまけ

DSC_2197.jpg
金沢駅から徒歩数分でつく近江市場の近くにあるフルーツやさん。
そこの2階にあるフルーツパーラーにて食べることができたいちごパフェ(品名まま)。
パフェの定義を調べ直したくなるようないちごの詰め込み具合

一つ一つがしっかりとした味わいを持ついちご

奥に潜んで 「これはれっきとしたパフェなんですよ」 と言い聞かせてくれるいちご味のアイスとコーンフレーク

すべてが素晴らしい。


これで900円だから驚き。


語注
注1…歴史のある木造建築
いわゆる合掌造りというやつのことである。由来は手を合唱の時のように合わせたような形状の屋根からだと思われる(各自で調査されたし)。
茅葺き屋根がその特徴であり、幾多もの茅を重ねて構築されている。30年くらいで張替えの時期が来て、周辺の住民たちが協力してひとつの家の屋根を修繕するようである。
見学料金を支払うことによって和田家、長瀬家の屋敷を見ることができるが、合掌造り自体はあまり暖かいものではなかった。
空間自体はかなり広く屋根裏部屋にて蚕を育成してたこともあったらしい。
ちなみに消火栓の点検のための放水の光景がすさまじい。

DSC_2190.jpg
これが一斉放水である。
なんだかじわじわくる迫力を持っている。

注2…アジア系の外国人
あきらかに中国語ではない言語を使っており日本人ではない観光客も多数いた。
ベトナムあたりから来ているのだろうか。
関連記事
[ 2017/02/26 22:14 ] 暇潰し駄弁り 紀行録 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

千客万来!!
ひとりでも多くの人との
出会いを大切に…

このブログの来場者は
貴殿で人目ですよ。

ゆっくりしていってね!!
管理画面
TOPPAGE
ザポルトプロについて

ザポルトプロ

Author:ザポルトプロ
2013年夏に深夜のノリだけでブログを立ち上げ現在に至る、そんなメンツの紹介。

なるす
なるす
twitter;@zaporte_pro
最高レート XY:2097
ORAS:2118
ポケモンとかラブライブとかが好きなオタク。
声優ガチ恋大元帥。

やっし→
新規アイコン5透明mini
twitter;@toLO668
最近生きがいをみつけました。
絵の練習をたまにします。

そんな『ヤシの木に実がなるす』も4周年を迎えました。
更新頻度がガバガバですがなんとか続いてます。


2017年も、当ブログを暇潰しにご利用ください。

過去のトップ絵アルバム
毎回適当に凝ってきたブログのタイトル絵をまとめたアルバムでも晒します。 こちらから
とらっくばっく
ブロとも申請フォーム